マインド・思考

社会貢献や利他の精神を美化し過ぎない!根底は自分の満足感と充実感

「社会貢献」や「利他の精神」、こんな素敵な聞こえの良い言葉がよく使われていて、「それを行うことが大事」「それが清く正しいこと」「それが高レベルの活動」みたいな風潮ってありますよね。でも、それって本当に大切なことを見失ってたりするんですよね。


水田 田んぼ 米作り 稲作 農業


疋田@コミネトです。個人的にも10年くらい前は好き好んで多用しまくっていた「社会貢献」「利他の精神」という言葉。改めて考えると、モノスゴク不自然な言葉なんですよね。

まず、社会貢献って特別なことでも何でもなく、社会の一員として日常生活をしていれば、自然と社会貢献しているんですよ。

例えば、買い物しますよね?食事、洋服、住まい、娯楽、その他、色々な用途で買い物をしていると思います。そこで買い物をすること自体、売り手の売上に貢献しているんですよ。

売上が上がることで、次の新商品やサービスの開発に回す資金が増えたり、スタッフへの給料を上げられたり、大感謝祭みたいに消費者に還元したり出来る。極自然な経済循環に貢献している訳です。

日常生活を紐解いてみれば、直接、間接問わず、自分の活動がどれだけの人に貢献しているか?って観えてくると思うんですよね。

何も、改まって「社会貢献活動」「利他の精神こそ全て」みたいに考える必要なんてなくて、普通に生活していても、更には、自分の出来る最大限のことを日々やっていく、ということ自体が社会貢献であり利他に繋がっていくんです。


また、視点を変えれば、わざわざ「社会貢献」「利他の精神」と声高らかに活動しているということは、裏を返すと、、

「社会貢献している自分が好き」
「社会貢献している私って素敵」
「利他の精神な私ってレベル高い」


みたいに、自分の満足感や充実感を得るためなんですよね。大概はそれを意識していない(する必要もない)ですが。

心の底からそれをやっているのでも、自分が楽しいからやってるのでもなく、

「そうしてる自分を認めて欲しい」
「高く評価してもらいたい」


からやってるだけ。むしろ、取り付かれた「義務感」にさえなってしまいがち。

これって、モロ「自分のため」ですよね。良いとか悪いとかではなく、それが人間の特性なんだから自然なこと。それを恥じる必要も隠す必要もなくて、「そういうもの」なんです。

本当に社会貢献のスタンスや利他の精神でいる人というのは、純粋にそれが好きだからやってるし、それが自分の生き甲斐だからやってるという自然な感じですよね。

「楽しいから!」
「好きだから!」
「全て自分のため!」


それでイイじゃん!!


社会貢献や利他の精神が美化され過ぎて、自分のために活動することがそれよりレベルが劣る、というイメージを持つこと自体ナンセンスだし、全く要らないこと。

純粋に「自分のため」「楽しいから」「好きだから」という本音の部分を大切に活動すればイイと思うんですよね。結果、社会貢献や利他に繋がるんだから。これを意識するなら、「自分のため」から「自分たちのため」になるんです。

「社会貢献」や「利他の精神」という美化され過ぎた言葉に囚われないで、義務感でも見栄でもなく、純粋に「自分が好きだからやってる」という人が溢れていくと面白くなりそうですね。


▼合わせて読みたい記事
悪用厳禁!コミュ主宰者のための失敗しない腹黒コミュニケーション術

コミュニティ.net 公式メールマガジン

メールアドレス
名前(姓)


無料メルマガ会員詳細を見る >>
プライバシーポリシーを見る >>



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事一覧

  1. 女神ごはん開業1周年記念パーティー
  2. コールド大関フローズン 湘南 江ノ島 海の家
  3. 天拝山 福岡
  4. 天拝山 福岡
  5. 椰子の木 ヤシの木 やしの木
  6. 椰子の木 ヤシの木 やしの木
  7. 第69回東京ワクワク飲み@渋谷
  8. 青山 鶏味座 本店 東京軍鶏 親子丼
  9. 空 雲の上 フライト 飛行機からの景色
  10. 空 雲の上 フライト 飛行機からの景色

カテゴリー

人気記事 TOP40

本サイトのWordPressテーマ

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

PAGE TOP