名刺・名刺交換

名刺交換から効率良く効果的に仕事に繋げるのに知っておきたい仕掛け

ブロガーサミット2013の参加レポでもお分かり頂けるかと思いますが、ウォーリーの恰好をして1000人規模のブロガーイベントに参加してきました。


ブロガーサミット 2013


コミュニティ.netの疋田です。

ブロガーサミット2013の参加レポを読んでいない方はこちら >>

ウォーリーの恰好をしていたおかげで、懇親会ではほぼ一歩も動かず、写真撮影と名刺交換の嵐となった訳ですが(笑)


ブロガーサミット 2013


実は、ウォーリーなのはただのコスプレではなく、大きな戦略の中の一つの流れとして表向きに見えていたのがウォーリーというだけなんです。今回はその裏側にある考え方をシェアします。



なぜウォーリーなのか?


コスプレなら何でもOK、目立てば何でもOK、かと言えば、そうではないんですね。ウォーリーにはウォーリーたる理由があるんです。

疋田が今、仲間と一緒に展開している仕事は、PLOTフレームワークプロジェクトで、そのテーマが、『世の中から仕事の悩み(Worry)を1000個なくす!』だから。


「えっ、それだけ?!」と思うかもしれませんし、勘がイイ人は「あーそういうことか!」とこの伏線が見えてくるかもしれません。

ウォーリーと写真撮影、ウォーリーと名刺交換、という流れできた時に、仕事や活動がウォーリーと全く関係がなければただのコスプレで終わりますよね(笑)

でも、仕事が『世の中から仕事の悩み(Worry)を1000個なくす!』というテーマなので、ウォーリーである理由がそこで分かるんです。

「あー!なるほどー!!」ってみんな声を揃えて(笑)

そこにあるのは“一貫性”です。

人は“一貫性”があると納得し易い性質を持っていますからね(腹黒い〜笑)

ちなみに、元祖のウォーリーはWallyですのでお間違いないように(笑)



ウォーリーはきっかけに過ぎない


会場で一緒にいたもう一人のウォーリーが、詳しい事前の仕込み内容について書いていますので、そちらも合わせて読んでおくといいですよ。

この大前提となっているのが、名刺交換や挨拶をした際に後ろに繋がる流れを創ってあるか?というところです。後ろの部分(商品やサービス)がないのに、これをやってもあまり(というかほとんど)意味が無いです。

※厳密に言うと、名刺を中心としたセルフプロモーションを持っているか否かも重要です。


PLOTフレームワーク 名刺 セルフプロモーション


名刺交換をした人は、お分かり頂けたと思いますが、前述のように、疋田は起業家や経営者の仕事の悩みをなくすお手伝いをしているので、仕事の悩みを抱えている人は次に繋がる確率が高いです。

現に名刺交換した中で何名かは、後日連絡という形になりましたしね☆

(売り込む必要が一切ないんですよね!)



全てはゴールからの逆算で設計する


ビジネスをしている以上、常に意識しておくべきことは『如何にお客様を創るか?』ということ。リピート顧客もそうですし、新規顧客もそうですが、とにかくお客様をどうやって創るか?どうやってファンに育てるか?ですね。

であるならば、今回のブロガーサミットに関しても、ただ遊びに行くのではなく、その目的を果たすためにどのような位置付けで、何をゴールとして参加するのか?を明確にしておくことが大事になりますよね。

仕事に繋がるための仕掛けというのは、

▼魅力的な商品・サービス
▼魅力的に伝わるセルフプロモーション
▼気付いてもらうセルフパフォーマンス


というシンプルなものです。

今回で言えば、PLOTフレームワークという商品を持ち、それが魅力的に伝わるセルフプロモーション(名刺&挨拶)を持ち、より多くの人に存在を気付いてもらうきっかけを生み出すためにウォーリーでセルフパフォーマンスをしたまでです。

大事なポイントは、ウォーリーが先にいるのではなく、ゴールまでのルートが整った上で、あくまでも最後の最後、接触の機会を創り出すためにウォーリーがいるということ。

ここを間違うと、ただ目立って終わりになっちゃいますからね(笑)



今回のゴールは?


今回のブロガーサミットに参加するゴールは、

・次に繋がる人と出会うこと(深める)
・話題性を生み出して認知してもらうこと(拡げる)


この2つを果たすために、ウォーリーという恰好をし、相手から接触してくるきっかけを創り(ここがなきゃ始まらない)、そこで関心があるネタをポンと目の前に出せるからこそ、意味がある戦略な訳です。

実際に、次に繋がる人とも出会えましたし、ウォーリーとして存在を認知してもらうこともできましたし、両方の目的をきちんと果たせましたからね。

例えば、今回初めてお会いして少しお話しただけですが、

アナウンサー藤川奈々さんのこのブログ記事とか、
ブロガーサミットに参加してきたぞ!とか、
ブロガーサミット2013の中で一、二を争う不良的態度をとった参加者の話

みたいな形で自分以外のブログに名前や写真を露出できたり、ツイートされたり、フェイスブックに写真(リンクはあえて張りませんが)をアップしてタグ付けしてくれたりする訳です。

あれだけの人数の中で、全く無名の人間が複数の人のメディアに露出するって、ちょっとしたきっかけでできちゃうんですよね。

むしろ、1000人規模でブロガーが集まっている場を最大限活用するためにどうするか?って考える方が自然だと思いますよ、ほんとに(笑)


どちらにしても、「人と出会い、繋がるための工夫をどうするか?」ってことが大事で、決して営業するのではなく、仕事に繋がる可能性のある人と自然な形で出会い、繋がる仕掛けを用意することが大事なんです。

ビジネスをやっているなら、単に「ブロガーと出会えましたー(嬉)」というのもイイですが、「仕事に繋がりましたー(嬉)」「仕事で組める人と繋がりましたー(嬉)」という方が、同じ時間と労力を掛けるだけの価値がありますよね。



最後に


疋田個人としては、ブログを2004年からやっていて、ブロガー同士の繋がりというのが大好きですし、実際にブログをきっかけにした飲み会コミュニティも展開している(間もなく5周年☆)ので、今回もまた新たな繋がりが生まれたら嬉しいという純粋な目的もありました。

この目的も十二分に果たせましたし、こういうイベントに参加する時には、「何かを得る」というスタンスではなく「出会いを創り出す(生み出す)」という意識で参加するのがいいなーと改めて実感しましたね。

ではでは!


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


カテゴリー

PAGE TOP