倒産理由No.1への挑戦!2015年に取り組んでいく大テーマはこれ!

MacBook Air 仕事・キャリア
この記事は約2分で読めます。

コミュニティ.netの疋田です。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』でマーティとドクがタイムトラベルする未来が2015年だったのを思い出し、今があの時の未来、あの時の未来が今、と時間軸の変遷を楽しんでいる新年早々です。

にしても懐かしいですね…(遠い目)


昨年実施してきたPLOTフレームワーク講座個別ディスカッションを通じて、多くの起業家が抱えている課題は、大きく2つであり、テーマは1つ、ということが改めて鮮明になりました。


1つは、新規顧客獲得の課題
もう1つは、既存顧客教育の課題


明らかに、このバランスを崩し、バランスが崩れているからこそ、入口である新規顧客獲得に悩んでいる、というケースが多く見受けられました。


これらを踏まえて、大きなテーマを考えるならば、『集客不振(販売不振)』と捉えることができます。


この集客不振(販売不振)は、倒産理由No.1ということもあり、本当に多くの起業家の方々も、この悩みでいっぱいになっています。

でなければ、これほどまで、マーケティング関連情報、集客ノウハウ、テクニック情報、で溢れません。(英語教材と同じ感じですよね。)


2013年(平成25年)の倒産原因を見てみると、倒産件数10,855件の内訳は、

1位)販売不振:7,468件(68.8%)
2位)既往のしわよせ:1,372件(12.6%)
3位)連鎖倒産:612件(5.6%)
4位)過少資本:526件(4.8%)
5位)放漫経営:508件(4.7%)
ーーーーーーー
6位)その他:369件(3.5%)


となっています。

出展:中小企業庁>> 白書・統計情報>> 倒産の状況(原因別倒産状況:平成25年)より



データで見ると露骨ですよね…


もちろん、個人事業主も同様の課題を抱えています。

ということで、


『倒産理由No.1への挑戦』


これを2015年のテーマとして、顧客ファン化の角度から、一人でも多くの起業家の役に立てるよう、前に進んでいきます。

MacBook Air

メルマガが中心になりますが、このブログでも、関わっている方々のケースを踏まえ、顧客ファン化の視点をベースに、情報を配信していきますので、今年も宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました