ソーシャルメディア・SNS

インスタグラムを活用して改めて実感したSNS間の無意味な連携投稿

最近、インスタグラム(Instagram)が面白くて秘かにハマってます。


インスタグラム Instagram


疋田@コミネトです。このところ、インスタグラムにバンバン投稿していて、ふと気付いたら、投稿のほぼ99%(といってイイくらい)、グルメ写真で埋め尽くされてました。

美味しいモノ、美味しいお酒が大好きなので、当然と言えば当然なのですが、改めて見てみるとグルメ過ぎですね(笑)

スマホで見るとこんな感じ。

インスタグラム Instagram


まっ、インスタグラムは純粋に写真や動画を楽しむSNSなので、これでイイかなと(笑)


と、純粋に楽しんでいる中で、個人的によく使っているフェイスブック、ツイッター、そして、このインスタグラムの間の連携、ブログとの連携について、感じたこと、気付いたことを備忘録として残しておこうと思います。


まず、前提として、個人的にはこのブログを軸にして各SNSと連携をしています。

フェイスブック → ブログ
ツイッター → ブログ
インスタグラム → ブログ


というのが、基本的な連携ですが、各SNSを使っていると感じることがあります。


「SNS間で無意味に連携してるなー…」


各SNSのフィードに流れてくる、他のSNSからの連携投稿をそれぞれ考察していきます。(自分で使っていない連携もテスト的に試してみたりしながら)



ツイッターのフィード


ツイッターのフィードを見ていると、フェイスブックやインスタグラムからの投稿がたくさんあります。でも、はっきり言って、「意味がないなー」と感じることがほとんどです。

どういうことか?というと、、、

フェイスブックからの連携投稿はこんな感じ。


これ、クリックしないよな…

インスタグラムからの連携投稿はこんな感じ。


これも、クリックしないと見られないし、サムネイルもないリンクをわざわざクリックしないな…

「投稿したよ」という認知をしてもらうくらいにはなるけど、そんな投稿ばかりだと人が見えないからフォローも解除しちゃうし、逆効果ですね。

もちろん、投稿の文言次第ではクリックしますけどね…


ちなみに、ブログのリンク投稿だとこんな感じ。


サムネイルと説明文次第でクリックすると思うので、ブログのリンク投稿は他に比べて有効に活用出来ますね。



フェイスブックのフィード


続いて、現時点では一番活用しているフェイスブック。

実際にフィードを見てみると、、、

ツイッターからの連携投稿はこんな感じ。


これは、多少は連携の意味があると思いますが、わざわざクリックして写真を見るまで至らないかな。

なので、投稿するなら直接フェイスブックに写真投稿の方がイイですね。


インスタグラムからの連携投稿はこんな感じ。


これはパッと見、通常のフェイスブックの写真投稿と同じなので、この連携は単純に手間を省く意味で有効ですね。

あえてインスタグラムに誘導する目的で使わないし。


ブログのリンク投稿はこんな感じ。


こちらは、内容に興味があれば、クリックしてその先のブログをチェックするので、リンク投稿は実際に意味がありますね。



インスタグラムのフィード


インスタグラムは、ツイッターやフェイスブックと違うんですよね。

まず、一番大きいのは、インスタグラムの投稿にはリンクが張れない、ということですね。こんな感じで流れてくるだけなので。(埋込じゃなくキャプチャー写真です。)

インスタグラム Instagam


単純にインスタグラムは、流れきた写真がイイと思えばイイね!するし、自分が興味あるハッシュタグの写真を見て楽しむ、というのが主なんじゃないかな。


ちなみに、インスタグラムでは、プロフィールにリンクを貼れるので、一番見てもらいたい先に設定しておくといいですね。(疋田はブログのプロフィールページにしてます。)



まとめ


SNSの連携って、言ってしまえば、こちら側の都合でしかないんですよね。SNSにいるのは「人」ですし、その「人」と「人」が繋がっているのがSNSな訳で、「人」を意識していない連携なんて無意味だと思うんですよね。

SNSごとにいるユーザー層も違うし、同じユーザー層でも使い方が違うので、それぞれの環境に合わせた使い方をするのがスマートですね。

他のSNSと連携するのであれば、ただ物理的に連携するのではなく、その特性を把握&理解した上で、必要且つ効果的なモノだけ連携するのが大事。

自分が使っている各SNSの連携環境、改めて見直してみるとイイですね。


p.s.
インスタグラムを活用する中で、というより、インスタグラムをキッカケに改めて見直したらこうだった、って感じですね(笑)


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


カテゴリー

PAGE TOP