コミュニティマーケティング

怠け者ほど取り組みたい!見込客コミュニティを創る3つのメリット

コミュニティ.netの疋田です。見込客をコミュニティという形で集まる仕掛けを用意しておくことで、結果として必要以上の時間と労力を掛けずに売上に繋がる仕組みになるんですよね。


戦略 マトリックス


今回は見込客が集まる環境(コミュニティ)を創っておくことで、具体的にどんなメリットがあるか?についてシェアしようと思います。大きくメリットは3つ。

1)信頼関係を構築する時間を稼げる
2)欲しい気持ちを掻き立てる時間を稼げる
3)今すぐ客以外も囲い込める


それぞれ説明していきます。



1)信頼を構築する時間を稼げる


あなたから商品やサービスを購入する際、信頼関係を構築できていなければ購入に至る確率は下がります。

衝動買いタイプのお客さんであれば、信頼関係がなかったとしても、勢いで購入に至るケースもありますが、弱衝動買いタイプ、慎重派タイプが購入に至るためには信頼関係を構築する必要があります。

あなたが、あなたが扱っている商品が、あなたが提供しているサービスが、信頼するに値するか?を見極めるためには時間が掛かります。コミュニティ化することで、その時間を確保することができます。



2)欲しい気持ちを掻き立てる時間を稼げる


見込客に最初にアプローチした時、欲しい度合いが10段階中2とか3みたいに低ければ、購入まで至る確率は低いです。ですが、コミュニティ化しておくことで、見込客を教育していくことができます。

見込客にとって

・その商品やサービスが如何に必要なもので重要なものなのか?
・その商品やサービスを購入することでどんな世界が得られるのか?


について、把握&理解させ、欲しい気持ちを掻き立てるための時間を確保することができます。



3)今すぐ客以外も囲い込める


欲しい気持ちはあるものの、「今すぐじゃなくてもいい」という見込客に対して、次のアプローチタイミングに困ることってあったりしますよね。何度も何度もアプローチしたいけど、そんなに繰り返すとうざがられるんじゃないか?とか。

でも、コミュニティ化しておくことで、2)とも重なってきますが、欲しいタイミングへと誘導していくための機会を何度も創り出すことができます。



まとめ


ビジネスにおいて最もコスト(時間、お金、労力)が掛かるのが新規顧客開拓です。一度関わりを持った見込客を、一回限りのアプローチで終わらせたり、逆に何度も何度もアプローチすることで離れていってしまったり、ロスしている状態なら、是非見込客が集まるコミュニティを創ることをオススメします。

見込客が集まるコミュニティ化することで、

1)信頼関係の構築
2)欲しい気持ちを掻き立てる
3)今すぐ客以外の顧客化


という3つの新規顧客獲得に掛かる労力を低減させることができます。


見込客コミュニティというのは、言ってみれば、衝動買いタイプ以外の弱衝動買いタイプ、慎重派タイプを顧客化するための仕掛けと仕組みの一つですね。

是非、意識してみてください。

見込み客コミュニティを創るイメージはこちら >>



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事一覧

  1. 天拝山 福岡
  2. 椰子の木 ヤシの木 やしの木
  3. 椰子の木 ヤシの木 やしの木
  4. 第69回東京ワクワク飲み@渋谷
  5. 青山 鶏味座 本店 東京軍鶏 親子丼
  6. 空 雲の上 フライト 飛行機からの景色
  7. 空 雲の上 フライト 飛行機からの景色
  8. てっぺん渋谷女道場 ビール
  9. 長野県野尻湖の湖畔のゲストハウス LAMP ランプ
  10. てっぺん渋谷女道場 ビール

カテゴリー

人気記事 TOP40

PAGE TOP