リピート集客

倒産理由No.1の解決に『顧客ファン化』が必要な理由とは?リピート集客の大前提にあるもの

ファンコミュニティラボの疋田です。

お客様をファンに育てる時に、何よりも苦戦するのが、お客様を満足させ、飽きさせずに、惹き付け続ける『顧客ファン化』の具体策をどうやって創るのか?というところではないでしょうか。


・お客様をリピートさせること
・お客様をファンに育てること



が大事!という言葉を、あなたも聞いたことがあると思います。


そもそも、なぜ、『顧客ファン化』が重要なのか?を押さえておく必要があります。

物事の本質を知るためには、逆説の質問が役に立ちます。

『顧客ファン化』をする価値がどこになるのかは、次の質問を考えれば明確になります。


もし『顧客ファン化』がないままビジネスをしていたらどうなるか?


答えは単純ですね。

そのビジネスは、長くは続かない。


なぜか?

これも単純なことです。


お客様が定着しない、言い換えれば、常に新規顧客獲得し続けなければ、売上を創ることが出来ないから。

つまり、『顧客ファン化』というのは、


1)お客様に満足してもらいながら、飽きずにいてもらい

2)継続的に購入してもらったり、紹介客を生み出してもらう



ために必要だということです。


では、『顧客ファン化』というのは、具体的にはどういうものなのか?


例えば、美容室やネイルサロンなどの、店舗ビジネスでは、その場一回限りの、単発メニューがほとんどです。

その場の一回だけの満足、を売っているケースばかり。

もちろん、その回に満足したとしても、また次回来店するかは別問題です。

ということは、その場だけの顧客満足だけでなく、アフターフォローをしていく、ということになる訳です。

初回客をその場でリピート客にするための工夫の一例はこちら >>


以前、私が関わった美容室オーナーの例でお伝えするならば、お客様にメール会員になってもらい、不定期ではありますが、


・ヘアケアに関する情報
・ヘアセット、アレンジのコツ
・オススメのアイテム
・曜日サービスなどのお得情報



などを配信することで、次回来店までの空いた時間に、顧客接触の機会を創り出し、常にお客様に思い出してもらえる状態にしている、というケースもあります。

お客様にとっては、日常生活においてのヘアに関する1ポイントアドバイスがもらえ、常に有益な情報を与えてくれる美容室に対しての安心感が生まれ、実際のサービス以外の部分で、満足度が高くなっていきます。

一度来店されたお客様に対し、その場だけでなく“その後継続的に”接触することで、お客様との距離感を縮め、次回の購入に繋げていく。


集客の問題の多くは、『顧客ファン化』に力を入れることで、解決していきます。

既存顧客のリピートと紹介でビジネスを回していくためにも、今すぐ、お客様を惹き付け続ける『顧客ファン化』をしていきましょう!


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


カテゴリー

PAGE TOP