リピート集客

リピート集客をしないのは、売上アップと利益拡大の機会を自ら逃している可能性大です!

コミュニティ.netの疋田です。先日、とある個人事業主の集まりに参加した時のことですが、驚いたことにそこにいたほとんどの方が、既存顧客へのフォローをしていない、という事実が。

これ、ものすごく損している可能性大です。


MacBook Air


既存顧客へのフォローをしていないことで、かなり損している可能性が大きいのですが、大きく分けると、

・売上アップ
・利益拡大


の面から損しています。

それぞれ掘り下げて見ていくと次のようになります。



売上アップのチャンスを逃している


購入した直後や、成果が出た直後は、特に満足度が高まっていて、再度の購入やアップセルし易く、売上アップが見込めます。

実際に、何か購入したタイミングをイメージしてみてください。

例えば、私自身の話ですが、20代半ばで新築マンションを購入した時、よく考えればあまり必要のなかったビルトイン食洗機、床暖房、フローリングのコーティングなど、オプションを付けまくった経験があります。今、改めて振り返ってみても、明らかにテンション高くなって勢いで買っていますね、間違いなく。笑

同じような経験はありませんか?



利益拡大のチャンスを逃している


そして、新規顧客獲得のコストと、既存顧客に再度購入のコスト、この差が歴然だということは、ほとんどの方が知っていると思います。

「新規顧客獲得コストは、既存顧客の5倍!」と言われているように、新規顧客獲得にはとにかくコストが掛かるんです。既存顧客にリピートしてもらうことは、言い換えれば、利益が拡大する、ということです。



まとめ


ビジネスを行う上で、大事なことは利益を生み出すことです。利益を生み出すためには、売上アップコスト削減、この2つしかありません。

この2つしかないにも関わらず、この2つを簡単に実現できるチャンスを自ら逃しているのが「既存顧客を放置すること」な訳です。

一度購入して関係を創ったのに、その後、放置して関係が薄れてしまうこと。そのこと自体が自らの首を絞め、新規顧客獲得に追われる状態を創り出している、ということを、改めて認識しておくことが大事ですね。

既存のお客様と不定期にでもコンタクトをとっていればいいですが、もし、とっていないようでしたら、年始の挨拶がてら、連絡してみるとイイですね。

せっかく出会ったお客様とは、長く付き合っていきたいきたいものです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


カテゴリー

PAGE TOP