お金・投資

配当王ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)が56年連続増配!

ジョンソン・エンド・ジョンソン JNJ

今朝(というか夜中)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)からのメールで最新のニュースリリースのお知らせが届いてました。

内容は「7.1%の増配」でした。1株当たり0.84ドルから0.90ドルへ増配です。年間では3.36ドルから3.60ドルへの増配。

ニュースリリースはこちら >>



高配当より連続増配


先日のコカ・コーラ(KO)に続いてジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)もこれで56年連続増配になりました。

しかも、56年連続増配なのに7%超の増配をしてくれるなんて、さすが配当王の貫禄が半端ないな!と感じるのと同時に、やっぱり、連続増配の会社の株を持ってるのは最高ですね。保有しているだけで配当が増えていく訳ですから。

よく、「高配当と連続増配のどちらが良いか?」みたいな話があるけど、個人的にはどちらかを選ぶなら連続増配ですね。(こういう議論自体が無意味だと思うんですけどね。)

というのも、高配当は「その時点で買えば」というアクション付きの数字であって、連続増配の場合は「持っているだけ」で何もしないで増える数字だから。

もちろん、連続増配でかつ高配当なら言うことないですけどね。

なので、個人的な保有条件はシンプルに「連続増配」で、高配当かどうかは実際に買うタイミングの参考値に過ぎません。



連続増配銘柄を中心に保有


現在の保有銘柄は5銘柄で、フィリップ・モリス・インターナショナル(PM)、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)、コカ・コーラ(KO)、ディアジオ(DEO)※です。

※直近で組み込んだバンガード・米国連続増配ETF(VIG)は、資産が大きくなってから再度買い戻すことにして、ずっとウォッチしていたディアジオ(DEO)を組み込んでいます。

どれも連続増配銘柄で、かつ、タバコ銘柄は高配当です。

これらの銘柄を保有し続けるだけで、毎年のように受取配当が増えていくので、本当にありがたいですね。

また、次の1年間の企業の成長が楽しみです。



方針変更に伴い一旦売却|追記(2018/5/9)


基本の運用スタンスは変わりませんが、少しだけ方針変更したので、将来的に買い戻すかどうか?いつ買い戻すか?現時点では分かりませんが、保有しているJNJを一旦全て売却しました。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


カテゴリー

PAGE TOP