お金・投資

コロナで絶好調のコンステレーション・ブランズ(STZ)に新規投資

コンステレーション・ブランズ Constellation Brands STZ

「インカムゲインの長期投資」を軸としながらも、「投資元本を増やすためにキャピタルゲインも狙いにいく」という方針転換をした中で、今回新たにコロナビールで絶好調のコンステレーション・ブランズ(STZ)に新規投資しました。



STZの脅威の成長率


世界最大の蒸留酒メーカー、英国株ディアジオ(DEO)に新規投資!」で書いたように酒類メーカーはDEOを既に保有しています。

ですが、保有銘柄がアルコールだらけになろうとも、是非とも欲しいと思ったのがSTZの脅威の成長率です。

株価チャート STZ

DEOもかなり成長してるんですけどね(笑)比べちゃうとほとんど成長してないように見えるくらいの圧倒的なSTZ成長率。

株価チャート

DEOの面子のためにも成長の証を。

株価チャート DEO

インカムゲインを重視しているので、無配当であれば投資対象にはなりませんでしたが、2016年から配当を出し始めて目下2年連続増配中なので、今後の期待も込めて投資しました。

STZ 業績の推移

※データは楽天証券より拝借

ちなみに、現在の保有割合は以下になります。

DEO(40%)
STZ(35%)
BTI(25%)

保有銘柄の70%以上どっぷりアルコール漬けになっています(笑)



保有銘柄ごとの位置付け


全体の70%がアルコール飲料という偏りまくっている保有銘柄ですが、保有銘柄のそれぞれの役割は以下の通りです。

DEO(トータルリターン狙い)
STZ(成長リターン狙い)
BTI(配当リターン狙い)

上手い具合に役割分担が出来てます。

DEOは個人的にもコア銘柄にしていきたいですし、それを補完して余りあるSTZとBTIの3銘柄でトータルリターンを高めていこうと思います。



株ではなく会社が欲しい銘柄


投資をする上で脅威の成長率なのはもちろん魅力ですし、現実の事象としては株が欲しいのですが、DEOもSTZも「この会社の一部を保有したい」という思いが強いんですよね。

純粋に好きな会社、応援したい会社、それで魅力的なリターンがある会社。

何より、お酒が大好きだからこそだとも思いますが(笑)今までに選んだ銘柄の中のどれよりも愛着が湧いてますし、自然と長期保有したいと思いますしね。

コンステレーション・ブランズ Constellation Brands STZ

こういうスタンスで投資するのも良いですね。



トータルリターン


2018年5月8日時点のトータルリターンは以下です。

●トータルリターン【−1.65%】
(計測開始:2018年5月7日〜)

当初から保有していたBTIのマイナス分が大きいので、まだDEOとSTZの成長リターンの良さが目立っていませんが、これから急速に目立ってくると思います。

次回の買い増しチェックポイントは来月に入ってからですが、おそらく平均取得単価を大きく下げられるBTIを買い増すことになりそうです。



最新の米国株ポートフォリオ|追記(2018/5/31)


米国株投資を始めて以来なかなか落ち着かなかったポートフォリオですが、ようやく、どの視点から見ても文句なしの長期投資に向けたポートフォリオが固まりました。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


カテゴリー

PAGE TOP