リピート集客

顧客ロイヤリティ向上のヒント!アップルユーザー歴20年以上と2年の差は期間だけの話ではないんです。

どうもです。早くも夏日モードな湘南で、勢い余って海に飛び込んでしまいたいファンコミュニティラボの疋田(@hikkyusan)です。

(勝手に飛び込め!って?笑)

MacBook Air


ということで、今日の【 PLOTアクション1メッセージ 】

早速いきましょう!



▼ PLOTアクション1メッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━

顧客年齢(顧客であり続けている月日)を意識する

━━━━━━━━━━━━━━━

<解説>

お客様をファンに育てるというのは、売上の要素で言えば、『顧客年齢』※ の部分を強化することになります。

※顧客年齢というのは、購入回数、頻度、期間を含めた顧客のロイヤリティ度の指標です。
(これについての詳細は、また別の機会に触れますね。)


その結果、リピートによって顧客単価が高まったり、紹介によって新規顧客数が増えたり。


昨日の1メッセージとも繋がりますが、先日のPLOTフレームワーク講座に来られた方で、アップルユーザー歴20年以上の方がいました。

疋田はまだアップル歴2年ちょい(かな?)です。


これだけの差というのは、単に期間が違うというだけではなく、「ロイヤリティ」が違うんです。


アップルを知り、
アップル製品を使い、
アップル製品を使い続け、
アップル製品を買い替え、
アップル製品にのめり込み、
アップル製品LOVEとなる、



訳ですね。


アップルに対しての想いの重みが違うんですよ重みが。


お客様が、


・どれくらいの回数を?
・どれくらいの頻度で?
・どれくらいの期間?



買い続けてくれているのか?(使い続けてくれているのか?)を意識すること。


是非、トライしてみてください。


━━━━━━━━━━━━━━━


それでは、今日も一日ワクワク全開で楽しんでいきましょう☆


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


カテゴリー

PAGE TOP